ようこそ、お越しくださいました。あなたも木彫刻のある暮らしで、癒されてみませんか!

欄間

欄間について

欄間(らんま)とは、天井板と鴨居の間の空間のこと(障子と襖と天井までの空間)であり、ここに格子や障子、透かし彫りの板をはめて装飾を施したことから、転じて装飾板自体も欄間と呼ばれています。

花鳥風月といった題材を彫刻で施したものは、大黒柱と並び建物の品格を表すことから、凝った技法のものは寺院や在来軸組工法の高級木造住宅には欠くことができないものとなっています。

井波彫刻では明治、大正時代に寺社、仏閣彫刻に工夫を凝らし新しい住宅用の井波欄間の形態が整えられ、特に初代・大島五雲は欄間彫刻の新生面を開きました。
木彫工芸 木彫りの谷口信夫工房はこの大島五雲の流れを汲む工房です。

syoin1   書院欄間 「鳳凰」

sikunsi2   欄間 「四君子」左側

sikunsi           右側


a:5385 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional